資源を活用したいなら瓦礫選別は重要なポイント|業者に任せれば楽

産業廃棄物をめぐる現状

作業者

法律で区分が定められている産廃選別は、リサイクル可能なものもその方法も多様化していることから、ビジネスとして注目を集めています。そのため業者による回収や処理も活発に行われ、環境への無害化に関する負担軽減の対策も図られようとしています。

More Detail

解体現場の資源を再利用

工事現場

ガレキ選別機には風力式・比重差式・回転式などの種類があり、解体現場や災害現場から出たガレキを種類ごとに分別して、効率的にリサイクルする役に立ちます。ガレキの性質によって、選別機を使い分けるのがポイントです。

More Detail

知っておくべきこと

作業員

瓦礫は産業廃棄物に該当し、適切にリサイクル・処分されなければなりません。専門業者に依頼することで効率の良い企業活動が実現できるため、人気を集めています。瓦礫選別を依頼する場合には、都道府県の許可を得ていること、しっかり処分が行われているかどうかチェックする必要があります。

More Detail

瓦礫の選別で資源を活用

解体工事

資源として活用

建物の解体工事の際や自然災害の際には大量の瓦礫が発生します。これらの瓦礫は単なる廃棄物と見ることも出来ますが、中には資源として活用できる物もあります。そこで瓦礫選別と呼ばれる作業を行って瓦礫を使える物とそうでない物に分類していきます。重機を使用すれば比較的に簡単に選別を行うことが出来ます。瓦礫選別のためだけに重機を購入するのは費用的に厳しい場合は、業者から重機をレンタルすることが出来ます。社内に専用の重機を操作出来る方がいなければ、瓦礫選別自体を業者に委託することも可能です。委託するためには費用がかかりますが、瓦礫選別を行うことで廃棄物処理の費用を抑えられるのでトータルの費用としては安くなることもあります。

収益に繋げることも可能

瓦礫選別を行う大きなメリットとしては廃棄物の中から有用な材料を見つけ出せることが挙げられます。その有用な材料を売却したり、加工したりすることによって収益に繋げることも出来ます。そのため、瓦礫選別の依頼をすることが人気となっています。また、日本全体として資源を活用していくことが求められています。建築の資材は輸入に頼っている部分も多く、資材価格が突如として高騰することも珍しくはありません。瓦礫選別によって発見できた資材は価格が高騰する心配もほとんどないため、業者にとってありがたい存在ともいえます。また、瓦礫を選別する重機の操作はそれほど難しくないため、一般的な重機を操作出来る技術があれば十分こなすことが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加