産業廃棄物をめぐる現状|資源を活用したいなら瓦礫選別は重要なポイント|業者に任せれば楽

資源を活用したいなら瓦礫選別は重要なポイント|業者に任せれば楽

産業廃棄物をめぐる現状

作業者

廃棄物選別の役割

現在、建設業界を中心に産業廃棄物選別(以下「産廃選別」)業務は拡大の一途をたどっています。廃棄物は多岐にわたる為、一言で産廃選別といっても全て機械的にこなすのではなく、法令を遵守し、人の目で注意深く区分した上での処分が求められます。産廃選別とは、いわゆる中間処理場において、木屑、廃プラ、金属屑、がれき、古紙、ガラス、陶器等に分別することの総称で、持ち込み内容によっては有価物としての売却も可能でありかつリサイクルも可能であることから、収益化と環境保護の両方に貢献できる業務です。近年では、産廃選別から始まるリサイクルの幅は食品や土壌処理にまで及ぶ大規模な環境ビジネスとなり、地域の開発が進む中、更なる注目を集めています。

課題点

今後の産廃選別を取り巻く注意点としては、新規参入の方向性が挙げられます。先ほど述べた環境ビジネスの前哨的位置づけの産廃選別が、規模的に難しいと判断された場合です。埋め立てや償却処分の前段階とされる中間処理を請け負うためには、管轄行政の許可を受ける必要があり、また、ゴム製品など廃棄物の内容によっては無害化へのコストが大きく、負担軽減対策が急務となっています。一方、参入コストが比較的少ない業務としては、遺品整理など個人を対象とした処理も近年注目されています。一般廃棄物収集運搬業許可が必要となりますが、初期費用が100万円目安と比較的少なく、少人数でも可能であるためです。軌道に乗れば、収益化が一層早まることとなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加