解体現場の資源を再利用|資源を活用したいなら瓦礫選別は重要なポイント|業者に任せれば楽

資源を活用したいなら瓦礫選別は重要なポイント|業者に任せれば楽

解体現場の資源を再利用

工事現場

産廃を資源に

解体現場や災害現場からは、木片もコンクリートもプラスチックも混じった大量のガレキが出ます。ガレキはそのままでは産廃として処分するしかなく、多大なコストがかかりますし環境汚染にも繋がります。ガレキ選別により種類ごとに分別すれば、有用な資源を回収し再利用することができます。そのため環境負荷を低減させるとともに、廃棄物から収益を上げることも可能になります。ただし人力でガレキ選別を行なっていては、かえって時間と労力がかかり、コストを押し上げてしまいます。ガレキ選別機や破砕機は、種々雑多なガレキを効率的に分別し、短時間で資源に変えられるため人気があります。産廃処理業者はさまざまなガレキ選別機を導入しています。

機械の種類と特徴

ガレキ選別機にはいろいろな種類があり、ガレキの性質によって使い分けられます。紙くずや木くずなどの軽いゴミを含むガレキは、まず風力で選別します。また鉄くずは磁力で引きつけてリサイクルすることができます。砂やコンクリートやガラスなどの不燃性ゴミは、重さや大きさによって選別すると再処理しやすくなります。比重差式選別機はガレキに振動を与え、重いものと軽いものを分別します。回転式や振動式の選別機は、網の目を通すことでガレキの大きさを選り分けます。このほか丸いものと尖ったものを分別するベルトコンベア式選別機などもあります。こうした選別機を組み合わせて使うことで、より効果的に廃棄物を再利用できるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加